FBのほうで、いい本を紹介して、とリクエストをいただいたので、
昨年、出会った本を紹介します。


事業計画書を作る必要に追われて何冊か読んで、
こちらが一番、おもしろくて、勉強になりました。




この本は、起業の人向け、というわけではありません。

会社組織の中で
利益を生むためのビジネスモデルの作り方から
わかりやすく 説明されています。
事業計画書で夢を描いて終わり、ではなくて
それを成功させるためのポイントが明快です。


事業計画書は 「会社のルート案内」だから
従業員すべてが把握していないと良い方向へ進まないのですが
これを知らない会社員、
公開すらしない会社があります。

まあ、そんなんでも、
会社は無くなりませんけどね。
キャッシュがなくなって潰れるときに潰れるだけです。



ところで、今日たまたま雑誌で
又吉直樹さんの本の読み方を知りました。
本にガンガン書きこみをされるとのこと。
その書き込みのルールも決めていて 読み返す。
複数のジャンルの本を持ち、場所に合わせて読む。
さすが、小説家になる人だと思いました。


私はカバン屋だけど、
本屋と図書館がだいすき。

webの情報はどうしても細切れすぎて
すぐ頭から去っていってしまうので

本屋さんで新刊や雑誌をチェックしつつ、
「投資になる」と思ったら買っています。
人生は短いので、「読んでみたい本」は一旦保留。
子育てがもうすこし楽になったときの楽しみに。

2か所の図書館からも月に20〜30冊借りているので、
期限内に読み切ることでギリギリになっちゃうけど笑

こどもたちの絵本も借りると、
図書館へ運ぶときは軽い筋トレになっています。
でも、返してまた次の予約の本を手にすると
ワクワクしてやめられないんですよねー。

こどもたちが「アンパンマン」で黙っている15分間に
次の日のおかずを鍋で煮ながら 立ち読みしたりね。

夫がお休みの日は、ここぞとばかりに読んでいます。

買った本も喜んで読むけど、
なかなか読み返す時間はない
 

だからビジネス書などは、
大事なページに大きなフセンを貼って
そこに要約や、自分の課題を書きこんでいます。
後でそれをペリっとはがして、
自分のノートに写して テーマ別に保管しています。



昔から、
読書感想文が苦手だったんですよー

「なぜ、読んで思ったことを文章にするの?
意味がわからないよ どうやって書くの??」

と母親に訴えた小学2年生ぐらいの頃から、
中年になった今もよくわかりません。
 
なので、このブログでは
書評ではなく「良かった本の紹介」だけしますね。
ご興味のある方はぜひ、書店へ!

 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL