前回にひきつづき、私の半生を振り返っております。




丁度、15歳のとき 世界初のフルCGアニメーション

「トイ・ストーリー」が上映され

びっくりして2度、見にいきました。




人物描写は固かったけど、

おもちゃキャラクターたちの、

生き生きした動きとデザイン!





スタジオジブリも「耳をすませば」で

一部、デジタル処理を始めた頃です。









ああ、これからはコンピューターでなんでも作れる時代になりそうだ。



素人でも映画が作れる時代がくるかも。



マンガも、コンピューターで描けてしまうかな・・・








宅録もやっていたから、余計にそう感じていたんですよね。



だって、売ってるCDみたいな音質の楽曲が、

機材さえあれば中学生でも録音できたのです。




↑ 記者さんに、音楽オタク少女扱いされてます。






マンガも少し描いていましたが、

男女の描き分けとか、小物のデッサンとか、

ストーリーの組み立て方で悩みはじめていたところでした。

描いても、内容が浅いの。



マンガ描いてることは、人に話してなかったし、

頭の中を見られるようで恥ずかしくて。

誰にも見せていなかったから上達するわけないですよね。















じゃあ、私は美大でコンピューターを学んで使えるようになろう!





とは思わなかったんです。









コンピューターさえあれば制作ができるようになるなら、

しばらく技術が発展していくのを見守りつつ、


自分は「手」を使った絵画力をつけたい、と思ったのです。





ディズニーの制作者も、相当絵画を訓練して

その能力をCGに落とし込んでいるはず。





一旦、マンガ家は保留とし、

大学の目標を絵画専攻に決めました。







ここで、

「日本画」と「油絵」について。



併設されている美術大学がありますが、

画材とルーツが異なるだけで

どちらもファインアートです。




墨汁と、
岩や宝石の原石を砕いた絵の具を

膠(にかわ)というコラーゲンを溶かして接着剤にし、

和紙に描きます。


明治維新以降、海外から入ってきた西洋画、に対して

中国がルーツの大和絵のことを日本画と名付けられました。



銀座のギャラリーや、

日展や創画展に通って、

マットな日本画の質感に惚れてしまいました。










けれど、日本画専攻のある学校が少ない。

さらに、募集人数が少なくてどこも高倍率。

東京芸大は40倍とかだったかな。






その美大の実技試験のために予備校があります。


石膏デッサンと、水彩画の静物画、人物画を


ほぼ1〜2日で描きあげる訓練をします。





授業料もお高いの。



1浪どころか、多浪生が予備校の昼間部に沢山通う、

不思議な世界でした。


















そんなファインアートに、

将来を見いだせない父親は猛反対!




何度も説得しましたが、父は聞き入れる気ナシ。



娘は、長年考えた末の進路を変える気ナシ。



お互いに壮絶な意地の張り合い。


なんと、自分で予備校の授業料を出すことにしてしまいました。




(すみません。20年経ったので時効にさせてください)

校則違反なのでばれないよう、ファミレスの厨房でアルバイトして

お金を貯めました。





都心への交通費と、一部画材代は

母がこっそり出してくれました。





だから、「モトをとるわ!」

という執念で、受験予備校は講習会くらいしか通えなかったけれど



そこそこは描けるようになったかな。









がんばったら認めてもらえると思っていたけれど



ついに、高3の夏に、



「浪人は認めない」
「東京・神奈川の美大以外はだめ」
「美大以外の大学も受験すること」



と、かなり苦しい条件を両親から出されました。







学校の中でもかなり絵が上手な子ばかりが通う

予備校、そこから

浪人生も含めて全員合格はないのです。

「現役合格」がどのくらい難しいことか。











ところが一転、
受験生の年の秋、 

美大から、私の高校へ
初めて指定校推薦枠がやってきたのです。


中学受験と、勉強をあきらめずにやっていたことが
ここで、効いてきました。

美大進学の役に立つとは。



絵画課題と、高校の成績表と面接で

入学枠の少ない日本画専攻に合格することができました。















受験にチャレンジしなかったことはすこしだけ後悔はあります。

どこ位のレベルだったのかなー?くらいですが。







このように親がチャレンジを制限すると、



「上辺がいい子ちゃん」は失敗を恐れて

手がだせなくなってしまうのです。





この点、わたし自身が親になった今、

忘れてはならないポイントです笑





親の気持ちも、わかっていたから。


ちょうど前年に、山一證券が破綻。

銀行の支店長も安泰ではなかったんだろうな。


まだ中学生の妹と弟が2人いましたし、

教育費がかかることは高校生でもよく知っていましたから。














しかも、

アルバイトと受験勉強を長く続けて

私は体を壊してしまったのです。


鎌倉駅のホームで

お腹からエイリアン出てきそうなくらい痛いよーって友達と笑ってたら

次第に笑えなくなり、

盲腸・即手術でした。

そのあとも倒れて再入院したりね。













そんななので、



受験をしていたら全滅だったかもしれないし、



違う大学なら就職先も違っただろうから、


今のわたしはいなかったと思います。








さて、

美大に通うことが目標になった高校時代を経て、



こどもの頃からの夢をかなえた大学生は


どんな学生生活を送るでしょう。













つづきはまた・・・





バッグ・小物 ブログランキングへ
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL