バッグフェア5日目となりました。
明日12/10の営業時間のみ、18時半に変更になりそうです。
詳しくはここんtwitter




初日は、フェアの前に、
朝の9時から、一時間半みっちり
保育園のお遊戯発表会へ行ってきました。

3歳児の大きくて元気で、音階のない歌声も
4歳児のかわいい「おいもをどうぞ」(知ってる方いるかしら?)
5歳の、ワザの効いた演技も

見ているだけで涙がでてきてしまいます。
タオルを持っていけばよかった。




長女は秋の運動会の踊りで ポンポンを投げ 号泣。

その前の 夏の盆踊りも 泣いて踊らず。

去年の 敬老会も 舞台の上で最初から最後まで棒立ち。

2年前の運動会も、号泣で何もできず。

(去年の運動会は、当日朝、ロタウィルスの嘔吐で欠席)





超・繊細 というか
泣けばなんとかなると思っているフシがあります。

たとえば、
おかあさんといっしょ の体操のとき
うしろで立って傍観している子はまだ個性の範囲内で
おそらく、
撮影には一切入れてもらえない
(つまり 放送にはのらない)タイプです。



泣きだしたらとまらなくて、
かんしゃくもち 

こちらの語りかけに対して
無視や、反応がうすーーい。


あんまりなので、
子育て支援カウンセラーさんに
見守ってもらっています。


そんな長女が ちゃんと踊っているではありませんか。

振付逆!!だけど。

集中力のきれた次女2歳をあやしつつ、
長女の成長に感動して、
休憩なしの1時間半の観劇。
パパは出勤前、ビデオ撮影で最後まで立ちっぱなし。

夫婦でクタクタになった
お遊戯会でした。

 
長女が先月誕生日を迎え
子育て開始から4年がすぎました。

先週も次女が胃腸炎でお休みにだったけれど、
カゼはどの程度で小児科にかかればいいか、
どこをかかりつけ医にするか、など
悩ましい問題がすこしずつ、ですが
ほどけてきました。


最初は大変だったなぁ。

激混み小児科へ、夫と私、交代でつれていき
何時間も待たされ、
薬をもらうのでまた1時間かかり・・・

誤診もあったし、
去年は次女が入院もして、
本当に辛かったです。
今年になったら二人とも、病気も減り、
おどろくほど体が強くなったむすめたちです。

 

 

さて、昨年、多摩センターで
渡辺久子さんという
慶応大学病院の小児科の先生の講義を受ける機会がありました。


渡辺先生が勤務小児科医を続けるため
家のご近所さんと保育グループを作り子育てしてきた話など、
いまだに頭の中に常にあって勇気づけられています。
 
先生が取り組んできた「こころの病気」については、
虐待の影響、心の病気のその後、の症例を聞いて
胸が痛くて涙なしには聞けなかったです。





この本は、小児精神科専門の渡辺先生だからこそ書ける本です。
出版年はすこし前ですが、情報の本ではないから
いつ読んでもいいと思います。




あと、別の先生の書籍ですが、文庫化もされた
この本



これもうっかり電車の中で泣いてしまいました。
カウンセラーの仕事ってすごい。



本が大好きです。
育児書もよく読みますが、
知識を入れることからはじめる、
典型的な育児ノイローゼになりやすいタイプの母です(笑)

でも、育児でいっぱいいっぱいの状況から引き抜いてくれるのは
自分の頭の中ではなく、
人との出会いや、家族です。
なかなか人に甘えることはできないけれど、
それがわかっていればいいのかなー
とぼんやり思っています。
 



バッグ・小物 ブログランキングへ

 
 次女   長女

今日 次女が2歳になりました。

半月ほど前から、会話がペラペラになって
こちらが伝えたいことはほとんど理解してくれるし、
会話が続くようになりました。
保育園でも「これ、ママがくつったのよー(作ったのよ)」
と洋服を自慢しているそうです。


今日から私は2歳と3歳のふたりのむすめの母です。




次女の服は、以前ブログで紹介した本の表紙の服。90サイズ 背中に飾りリボンを縫い付けてアレンジしました。
 



カルソンは こちら↓の本から。check&stripeさんの きれいなぶどう色のフライス生地で。

 


長女のほうは、こちらの本の あじさいのワンピース 100サイズ  
 

こどもの服づくりは、夫がお風呂〜寝かしつけをしてくれる休日の夜の2時間をあてて
何日かかけて縫い上げてます。
しつけもまち針もほどんど使わずに、スピード勝負!!
 
 朝イチで次女はパジャマ姿

昨年、次女が1歳になったのを機に
ディズニーランド、シー、ランド と
ほぼ半年で3回も遊びに行ってしまいました。

先週ははじめておばあちゃんとおば(私の妹)を誘って
3世代ディズニーしてきました。

アナとエルサに会えるかも ということで
行ってきたのですが平日なのにとても混雑! 
ファストパスは1枚しかとれず正午にはほとんど終了していました。

でも、ショーのアナがかわいかったからいいんです。
エルサのドレスを着て行った長女は、ワンスアポンアタイムで
「アナと雪の女王だぁー!!」と叫び喜んでいました。
次女はミッキーもミニーも「みぃみー」と呼びます。


4月からパスポート値上がりするし、
しばらくは休んでもいいかな、と思っていたのですが・・・

夫がすっかりディズニー大好きになり
ディズニーランドのCDを6枚もTSUTAYAで借りてきて、車内のBGMにするそうです。
次はお泊りディズニーをしよう、
数年後にフロリダのディズニーワールドに行こう、と
盛り上がっています。







 


無事、次女が1歳の誕生日を迎えました。
それから一か月、またブログも書けないほどドタバタしていました。

2度の次女の入院を経て
6月は一度もお休みしないで保育園に行けた!
と思っていたらまさか、私が入院。

サバのアレルギー食中毒で
未明に救急車で運ばれました。

私の母に頼ってばかりで
「2度あることは3度あるのねー!」
と驚かれました。

卒乳してない次女がいるので
すぐ退院させてもらいましたけど。

そのあとは、姉妹そろって風邪を1週間ひき、おやすみ。
一瞬で7月が終わってしまいました。


入退院と育児看病疲れでぐったりしている上に
長女がイヤイヤ期の末期で問題行動をおこし、
それでさらに私が落ちこむという悪循環です。

長女は愛情を受け取る器が大きいタイプの子かもしれません。
怖がりで神経質なのもあり、いくら抱っこやスキンシップをしても
常に「足りない」。

次女が生まれたし、急に入院したり私に余裕がないせいで満ち足りないのかなー
と必死に考えぬきました。
(余裕をもって子育てをしている母親なんて、いるでしょうか、疑問ですが。)
仕事のブログは書けなくなっても、早くお迎えに行って
親子の時間を増やそう!と思ったのですがそれだけではやはり難しかった。
こどもたちを笑わせたり
私が笑顔をたくさん見せて接するよう心掛けたほうが効いてきたようで
徐々に落ち着いてきている気がします。

子育てしながら、今まで気がついていなかった自分のことが見えてきました。
今からでも変われるなら変わりたいと思います。


一難去って?また一難
早くも次女が自己主張を始めました。
まだまだ赤ちゃんのかわいいレベルですが、
イヤイヤ期がまもなくはじまりそうです。




 




むすめたちの服を 育休中に作っていました。



紺色のリネンのパフスリーブのブラウスと

ガーゼのギャザースカート。



ちょっとシックなのは、

5月の末に

大阪の親戚の結婚式に呼ばれて、着る予定だったから。





春からホテルも飛行機も予約して、

親戚のこどもたちと遊んだり、

翌日は大阪に転勤した友達家族に会えるのを

楽しみに 楽しみにしていたのに。



結局、次女は2度の入院で 

結婚式に出られませんでした。



すごく元気そうだったんですけどね
点滴でベッドから動けなくて
つまらなそうなのが気の毒でした。






飛行機のチケットは

診断書があれば振替してもらえるとのことで、

私は日帰りで大阪へ行ってきました。

おばあちゃんに入院中の次女を任せて

早朝に、病院から直接羽田空港へ移動。

ハードでしたが、

お祝いをしに行けて 本当によかったです。







そんなんで、

次女の入院と、しばらくの保育園お休みで5月はほとんど仕事ができませんでした。


退院後は

睡眠時間を削り削り 仕事の山を片付けて

気づいたら6月が半分過ぎていました。




長女ともほとんど遊んであげられなくて

これからお休みをちゃんととって
一緒に遊びたいです。




来週も通院の予定が、長女と次女合わせて4つも入っているけど

入院と比べればたいしたことないです。ほんとに。

入院の付き添いが、こんなにサバイバルだとは知らなかったので
(トイレいけない、お風呂入れない、ご飯買いにもいけない。いくなら泣かせてベッドに放置 そしてほぼ徹夜)
いい勉強になりました。












一週間前、お仕事再開の日記を書きあげた直後に
保育園から、発熱の電話がかかってきた次女。

そのまま熱が続き、肺炎の疑いで金曜日から入院していました。
そして、昨日午後に退院。
おどろくほどの回復力で、スピード退院でした。

熱があるわりに本人はすごく元気で さほど心配もしていなかったのに、
入院!? おどろきの展開でした。


こどもの病気は覚悟の上の仕事再開ですが
まさか入院とは。
自分も付き添い入院で、
夜なべのスケジュール挽回すらできなくなるなんて。

看護師さんから、「お仕事大丈夫ですか?」
と心配していただき、涙がでそうでした。

付き添い入院中は個室だったけどほとんど眠れず、
突然母がいなくなってしまった長女のココロのすきま風を想って
胸を痛めながら週末を過ごしました。


普段どおりの生活がいかに幸せであるか、
ありがたみをかみしめています。

では、次女が昼寝しているうちに、仕事に戻ります。



 



もし、
わたしは動物が大すきなんだ!
と、飼育員になっても、
365日、24時間動物園で働いていたら
体をこわしてしまうと思います。


どんなに、
我が子が愛しくて可愛らしくても、
楽しむ余裕はいつまでたってもできず。

いつになったら楽になるんだい?

よく言えば平和な毎日だけど、
交互に泣く娘たちと
なにひとつスムーズに
片付かない家事で
一息つく間もなく、

おそろしくつまらない毎日を
すごしていました。


自己犠牲では、
母親業も家事も仕事も
なにも解決しないのでした。



なので、先月から
月に一度、
パパにこどもたちをお願いして
ママ半休をとることにしました。


きょうはパパが仕事お休み。
保育園も休ませて
わたしは午後から都心をフラフラ



長いようで短いような育児。
息切れしないように
考えだした知恵です。



できたら、月に二回くらい半休ほしい笑
 
 
気が早いけれど、来年用に姉妹のおそろいのワンピースを縫いました。

この本の表紙のワンピース です。
a sunny spotのおしゃれでかわいい女の子の服

a sunny spotのおしゃれでかわいい女の子の服
著者:村田繭子
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





次女用の80サイズは、上の本の j ギャザーワンピースの
襟ぐりをつめました。

どちらも、「私が着たいよ!」と思うくらいかわいい洋裁本です。




次女がうまれて、5か月たちました。

こどもたちの成長は早くて、毎日目が回りそう。


アトリエにこもる時間はなかなかとれませんね、さすがに。
赤ちゃんが昼寝したら、とにかく家族の食事の用意をしないとね。

でも、腕がなまるとまずいので
バッグもスローペースで作っています。


パソコンに座る暇もなく
寝かしつけの終盤に、iPhoneでフェイスブックに近況を挙げる位が
せいいっぱい。

久しぶりにブログを更新しようと管理画面を開いたら、
エディターが大幅に変わってビックリ仰天しました。






そうそう、
こどもの服って、小さくて、縫う距離が短くてすむので
バッグに比べたらすごく短い時間でできちゃう・・・

いかにバッグに手間をかけ(すぎ?)ているか、反省しつつ
でも、やっぱりバッグの仕事がすきだなぁ、と改めて思います。




そうそう、長女のおままごとキッチンも作っちゃいました。
ワインボックスと端材で、2時間で作った力作です。
 

Photobackで、久しぶりに発注をしました。
左が、4年前の結婚式のアルバム
右は、
むすめの誕生から、歩きはじめまでをまとめたものです。

  ♪小田和正の曲が良く似合いそうです 

CDジャケットサイズでも、満足な仕上がり。
おばあちゃんにもプレゼントしました。

お友達がお子さんの一歳ごとにフォトブックを作っていて
まめだなぁ、と感心してました。

自分も毎年作れるかはわかりませんが、
こどもの一年の成長がすごく早くて
新生児の頃すら
「わー こんな顔してたっけー!?」とびっくりして
アルバムとは別に、記念に残しておこうかな
と思い立ったわけです。



これとは別に。
年度末には保育園から感動作が届きました・





0歳児クラス(ラッコ組)の連絡帳です。
毎日1ページ
起こったこと、夕食・朝食 24時間刻みの生活記録 
せっせと書いた連絡帳。

風邪で倒れた日以外 がんばって毎日書きました。

先生も保育しながら、連絡帳に記入してくださって大変だったと思います。
その上、普段は見られない保育園生活のスナップ写真を貼って、
一冊にまとめてくれました。

むすめが独立したときに、プレゼントしようと思います。


(わたしも、夫がこどもの頃の
 保育園の連絡帳を義母から譲りうけ、なんども読んで大切にしています。)